キックオフシンポジウム / プログラム
プログラム

□ 日時:2018年3月9日(金)13:00〜18:00(開場12:15)
□ 会場:大阪大学 銀杏会館3階 (阪急電鉄・三和銀行ホール)

 

 

プログラム

基調講演 「データを活用したAIによる社会貢献とプライバシ秘匿の両立を目指して」
中村祐一(NECシステムプラットフォーム研究所 所長)

 

招待講演「電子カルテを基盤とする多施設の臨床データの収集
-追い風(ビッグデータ・AI)と向かい風(改正個人情報保護)の吹く中で-」

松村泰志(大阪大学大学院医学系研究科 教授)

 

参加費:無料(情報交換会参加費:1,000円)
主催:大阪大学 歯学部附属病院
共催:大阪大学 サイバーメディアセンター
協賛:日本電気株式会社
協力:大阪大学21世紀懐徳堂
参加登録:当サイトの参加登録ページよりご登録下さい。
問合わせ先:大阪大学歯学部附属病院医療情報室
TEL: 06-6879-2427

 

 

プログラム詳細

司会:林 美加子(大阪大学歯学部附属病院 副病院長)

 

13:00~13:03
オープニング
13:03-13:10
開会の辞
村上伸也(大阪大学歯学部附属病院 病院長)
13:10-13:17
挨拶
西尾章治郎(大阪大学 総長)
13:17-13:24
挨拶
江村克己(日本電気株式会社 取締役 執行役員常務 兼 CTO)
PART 1 情報科学技術の進化と医療情報の最先端
13:25-13:55
基調講演「データを活用したAIによる社会貢献とプライバシ秘匿の両立を目指して」
中村祐一
13:55-14:25
招待講演「電子カルテを基盤とする多施設の臨床データの収集
-追い風(ビッグデータ・AI)と向かい風(改正個人情報保護)の吹く中で-」
松村泰志
14:25-14:40
休憩
PART 2 歯科口腔領域での情報科学技術
     兼:サイバーメディアセンター・ワークショップ
       <社会に貢献する高性能計算機システム>
14:40-14:55
「矯正歯科治療における機械学習と臨床への応用」
山城 隆(大阪大学大学院歯学研究科 教授)
14:55-15:10
「S2DH(ソーシャル・スマートデンタルホスピタル)を支える高性能データ分析基盤」
伊達 進(大阪大学サイバーメディアセンター 准教授)
15:10-15:25
「人工知能を用いた、口内炎と口腔がんの鑑別診断システムの開発」
平岡慎一郎(大阪大学大学院歯学研究科 助教)
15:25-15:40
「データ同化技術を用いた歯の喪失シミュレーション 」
野崎一徳(大阪大学歯学部附属病院 助教)
15:40-15:55
休憩
PART 3 パネルディスカッション:
医療情報の機密保護の必要性とAIを介した有効活用の重要性
15:55-16:55
司会:
・林 美加子
・下條真司(大阪大学サイバーメディアセンター センター長)
パネリスト:
・松村泰志
・黒田佑輝(大江橋法律事務所 弁護士)
・中村祐一
・岡村利彦(NECセキュリティ研究所 主任研究員)
・玉川裕夫(大阪大学歯学部附属病院 准教授)
クロージング
16:55-17:00
閉会の辞
吉川秀樹(大阪大学 理事・副学長)
17:00-18:00
情報交換会(ドリンク付き)「挨拶・乾杯」

ページ上部へ