S2DHについて / S2DHとは
S2DHとは

 S2DH(Social Smart Dental Hospital)は、大阪大学歯学部附属病院、大阪大学サイバーメディアセンター、NECシステムプラットフォーム研究所の三者が中心となって2018年3月9日にスタートした産学連携プロジェクトです。

 

 あらゆるものがネットワークによって繋がるスマートシティーやソサイエティにおいて、歯学部附属病院は数少ない口腔専門病院として、持てるだけの知識と技術を情報化します。システムプラットフォーム研究所は、スマートシティやソサイエティと医療情報を安全安心に繋ぎます。サイバーメディアセンターは、集中する膨大なデータを超高速なスーパーコンピューターを駆使して処理し、医療関係者と共に新たな知識と技術を創発させます。それによって得られた果実は、今後世界中で増える高齢者の救いとなり、途上国においても得難いものとなると願っています。S2DHが目指すもの、それは個人個人が医療を身近に感じることができ、自分にとって納得できるサービスを受けるために、自身も情報を発信し、お互いの情報で自分の健康を守る、そういった社会です。

ページ上部へ